あなたのサイトの検索順位を決定するアルゴリズム

起業家のためのGoogle Search Console

前回は「検索ロボットの種類っていくつあるの?」と題して、検索ロボットの概要については共有できたと思いますがいかがでしたか?

今回は、そのアルゴリズムやページランク、ドメインエイジを知ることであなたのサイトの検索順位を決定するアルゴリズムについて解説していきます。

検索結果ページには順位があって、検索エンジンの表示順位を決定するルールを「アルゴリズム」といいます。

このアルゴリズムは日々更新されていて、アルゴリズムの内容が公開されることはありませんが、アルゴリズムの変更情報などは GoogleのブログやWebサイトで公開されています。

Googleウェブマスター向け公式ブログでも公開されたこともありますが、Googleの情報を読み取って検索エンジンへの対応を戦略として考えていく必要があります。

中古ドメインはむしろマイナス面が大きい

少し前のGoogleのアルゴリズムにはドメインエイジ≒ドメインの年齢が影響していると考えられてきましたが、Googleはドメイン自体の取得した年月日を見ているわけではなく、コンテンツが入れられインデックスされた日から認識しています。

古いドメインが良いという人もいたりして未だにそういった情報を見かけますが、現在ではドメインエイジはほぼアルゴリズムに影響を与えることはなくて、優良なコンテンツを提供しているかにGoogleは重みをおいています。

中古ドメインを購入する際には、スパム行為をしたドメインを取得してしまうケースや被リンクの整理なども発生する可能性がありますので、必ずどのようなサーバーかチェックをしてから購入をしましょう。

ドメインの信用調査は以下のドメインチェックサービスなどがあります。

https://www.aguse.jp/

Google独自のアルゴリズムやページランクについて理解しよう

上位表示を目指す上で知っておくべき「ページランク」という概念がありまして、これはWebページの重要度を決定づけるためのアルゴリズムであり、、検索エンジンのGoogleにおいて、検索語に対する適切な結果を得るために用いられている中心的な技術となります。

ページランクは被リンクの数と質でページのランクを計算する方法なのですが内容としては判定する材料は複雑なものの、リンクの仕組みのためにスパム行為が可能となっています。

しかし、Googleはページランクをアルゴリズムから外すことはできないために、スパム行為を厳しく取り締まるようになってきました。

ページランクの動作概念図
リンクの質と数でページランクが付けられているのがわかる。

最近ではページンク以外にもページの構造やパフォーマンスなどもアルゴリズムに関係していますが、Google 独自のページランクの仕組みは理解しておきましょう。

また、HTMLマークアップも影響するようになってきたので、これに関しても今後の連載の中で共有していきたいと思います。

あなたのサイトのページランクを調べてみよう

Googleツールバーは少し前までページランクを表示することができたんですけど、いつの間にかそのサービスを停止しちゃっています。

ページランクの影響が少なくなったことも影響しているでしょうけど、運営者にとっては気になるところですよね。

あくまで参考程度とはなりますがページランクを調べるこのとできるサイトを紹介させていただきますので、あなたのサイトをチェックしてみてください。

ページランクチェック

いかがだったでしょうか。

次回は、高品質なコンテンツを提供しているにも関わらずページランクが上がらない謎について解明してみたいと思います。