【WordPress】Broken Link Checkerプラグインの使い方

起業家のためのWordPress

起業家の皆様にとってWEBサイトの立ち上げ費用って馬鹿にならないのでご自身でやっているよって方もいらっしゃると思いますが、やっぱり自社ドメインをとってしっかりと認知度を上げていくためにも、これから増えてくるであろう人材に会社のコンセプトを伝えるためにもWordPressは使っておいた方が良いツールです。

そんなWordPressについてアレコレ取り上げていこうと思いますが、当サイトは起業家やこれから勉強しようって人向きに作っているので、詳しい説明も必要な御用向きの方は専門サイトの方が役立つ情報が得られるかもしれません。

今回はWordPressを便利に使っていく上で筆者のサイトでも利用しているプラグインをご紹介させていただきます。

リンク切れを監視するBroken Link Checkerプラグイン

これは自分のブログから外部のサイトへのリンクを貼った中でリンク切れがあるかどうかチェックしてくれるプラグインで、リンクの記載ミスだけでなくいつの間にかリンク先が閉鎖された場合などリンク切れは常に起こる可能性がありますが、こちらのプラグインを導入することで、発リンクのリンク切れを一括チェックをしてくれます。

ここではBroken Link Checkerプラグインのインストール方法と使い方について解説します。

Broken Link Checkerプラグインのインストール

「プラグインのインストール」画面を表示し検索ボックスで「Broken Link Checker」と入力してください。

似たような名前のプラグインがありますが今回、導入したいのはコレ

「Broken Link Checker」プラグインが表示されましたら「いますぐインストール」と書かれたリンクをクリックしてインストールして下さい。

インストールが完了したら、プラグインの有効化を行って完了です。

プラグインが有効化されると初回のリンクチェックが行われ、ダッシュボード上に「Broken Link Checker」ウィジェットが表示されます。

これでリンクの状態が常に表示されるようになります。

設定項目がありますが、ここでは特に必要ありません。

リンクエラー及び検出したリンクを表示

リンクのチェックは指定した間隔で自動的に行われ、リンクエラーがあったかどうかの確認は管理画面の「ツール」メニューの中にある「リンクエラーをチェック」メニューをクリックして下さい。

メニューにはリンクエラーを検出している場合はエラーの数が表示されています。

もしも、リンクエラーが検出されたら、設定されているURLや記述されている記事へのリンクが表示され流ようになっています。

エラーがあるかないかに関わらず検出したリンクを確認したい場合には画面上部の「すべて」をクリックして下さい。

検出したすべてのリンクの一覧が表示されるので、「リンクエラー」の一覧画面で、表示されているエラーにマウスを合わせると「URLを編集」「リンク解除」「リンクエラーではない」「リンク切れから解除」「再確認」の5つのメニューが表示されます。

URLを編集

設定されているリンクを編集することができ、リンク先が間違っている場合はこの画面で編集できます。

リンク解除

設定されているリンクが記事から削除され、結果としてリンクエラーがなくなります。

リンクエラーではない

リンクエラー一覧から削除され、この場合も結果としてリンクエラーがなくなります。

リンク切れから解除

リンクを一時的にエラー一覧から非常にし、結果としてリンクエラーがなくなります。

「リンク切れから解除」に設定したリンクのステータスを変更したい場合には、画面上部の「リンク切れから解除されました」をクリックして下さい。

すると現在の「リンク切れから解除」に設定したリンクの一覧が表示され、マウスを合わせることでリンクのスタータスを変更することができます。