検索エンジンのアルゴリズムが変化した理由と新しいSEO対策の考え方

起業家のためのGoogle Search Console

前回は「高品質な記事を提供しているにも関わらずページランクが上がらない場合の対処方法」と題して、しっかりとWebサイトを運営を心がけているのに、検索順位に反映されない理由と具体的な対策についての確認から評価の高いサイトになるよう調整する方法について共有させていただきました。

今回は検索エンジンのアルゴリズムの変化と新しいSEOの考え方について共有させていただきます。

【常識を疑え!】SEOは本当に死んでしまったのだろうか?

SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、上位表示をさせるための施策のことを指します。

そのSEOが死んだという話題が2013年の終盤に話題になったことを覚えている方は少ないかもしれません。

しかし、この死んだと言われる大きな理由は検索エンジンの進化にありました。

Googleは、ユーザーの目的にあった検索のために常にエンジンを進化させており、その内容はパーソナライズ、ハミングバード、Google+(これは本当に死にましたね)、author、HTML要素、パフォーマンス、ドメインなど、ざっくり考えただけでもたくさんありますが、それらを複雑に組み合わせたアルゴリズムへと進化させています。

現在のアルゴリズムは500以上の項目で成り立っていると言われており、国やキーワードによってアップデート時期も異なっており、年に200種類以上の項目をチューニングしているとGoogleは言っています。

このように、アルゴリズムは複雑に進化しているので検証が難しくなって、SEOは死んだと言われるようになったという訳です。

この時に、Facebookが全盛期を迎えており、Googleからの検索流入が減ってきたことからGoogleの終焉とも言われましたが現実は全くそんなことはありませんでした。

しかし、Googleの検索エンジンからの流入だけを頼りにしないマーケティングの考え方も必要でしょう。

今後も新たな手法はいくつも生まれてくると思いますが、それらに対応しながらWebマーケティングを進めていく考え方が重要なのです。

Googleサーチコンソールの意味

これまで検索エンジンマーケティングは検索ロボットに対して行われてきましたが、ユーザーが求めているコンテンツを見極めて、ヒットさせやすいように、検索しやすく、サイトを構築していくという意味においては検索体験の最適化という考え方は適切かもしれません。

検索エンジンはユーザーが求めている情報を出すという目的のため、検索エンジンを通じてユーザーと関わっていることを最初に理解しておく必要があります。

つまり、Googleサーチコンソールは、検索エンジンを通じてユーザーの声がどのようになっているかを知ることができるマーケティングを考えるツールだということですね。

これからのSEOはユーザーエクスペリエンスを考える

サーチコンソールを見ると、クロールの統計情報にサーバーのレスポンスや、モバイルユーザビリティの項目を追加していることからGoogleは、ユーザーエクスペリエンスも上位表示のアルゴリズムに入れてきたことが伺えます。

例えば、「近くのレストラン」など「近く」を検索してくるユーザーが増えていることに伴って、Googleは検索の仕組みを変更しました。

これらのクエリは、今までのパソコンを利用している時には出てきませんでしたが、スマートフォンの普及に伴ってWebに接続するユーザーの行動が変化したことに伴い、Googleもユーザーのコンテキスト(利用状況やシーン)を考慮しています。

したがって、これからのWebサイトの構築にあたっては、モバイルファースト、ペルソナ、カスタマージャーニーマップなどいろいろなメソッドを利用してユーザーエクスペリエンス設計やコンテキストを考慮して制作していくことが必要となります。

もちろん、ユーザーに対して適切な情報を提供していくために、検索エンジンにヒットされやすく適切に構造化されたHTML、ユーザーを待たせないパフォーマンスに優れたCSSやJavaScriptの実装、画像処理なども同時に行って行かなくてはなりません。

検索エンジンは、ユーザーが求めているものを理解し、適切な情報やコンテンツを持つWebサイトを検索してくれますが、その情報がいくら良い情報であっても見にくかったり、表示が遅れてしまう場合は良しとはしていません。

そう言った意味でも、ユーザーのサーチ体験を最適化するという考え方は納得のいくものではないでしょうか。

次回は従来のSEOについて解説をし、仕組みを理解しておくことで成長し続ける検索エンジンに対応できるような情報を共有させていただきます。