SEOの仕組みを理解して成長し続ける検索エンジンに対応できるためにすること

起業家のためのGoogle Search Console

前回は「検索エンジンのアルゴリズムが変化した理由と新しいSEO対策の考え方」と題して、検索エンジンが、ユーザーが求めているものを理解し、適切な情報やコンテンツを持つWebサイトを検索してくれる機能をもつことから、その情報がいくら良い情報であっても見にくかったり、表示が遅れてしまう場合は改善していくための話をさせていただきました。

今回は従来のSEOについて解説をし、仕組みを理解しておくことで成長し続ける検索エンジンに対応できるような情報を共有させていただきます。

ページランクの仕組みについて少し紹介してきましたが、少し前はこのページランクが上位表示のアルゴリズムに大きく影響していました。

ページランクは簡単にいうと、被リンクの数が多いことで上位に表示されるというものであって、その考え方は他のサイトからリンクされるサイトは有益な情報を表示しているであろうという判断の元での結果です。

なぜなら被リンクが多いサイトはサイトそのものに信頼し得る情報があり、優良なサイトと考えられ、このことから優良サイトから被リンクを受けることでさらに上位表示される傾向にあったのです。

なかでもページランクが高いサイトからのリンクで、かつリンクの数が少ない場合に有効で、検索エンジンのアルゴリズムに乗ったリンク構造にする「リンクファーム」は、人工的に作ることも可能です。

Googleは人工的に作られたリンクファームをスパムとして認定するためにスパム対策チームを設置しており、検索ロボットのチューニングをスタートさせ、目視でも監視しています。

ここでスパム認定を受けてしまうと、せっかくインデックスされたデータベースから削除されてしまうこともあるので気をつける必要があります。

大企業であろうがスパムをやってしまった企業のサイトは原因を改善しない限りインデックスされないので、せっかく上位表示のために行った施策のために足元をすくわれないようにしましょう。

次回は、サイトをインデックスに登録してロボットに巡回させるために、アンカーテキストを正しく認識している必要があるため、その働きについて解説させていただきたいと思います。