あなたのWEBサイトには目的がありますか

起業家のためのGoogleアナリティクス

Googleアナリティクスで分析をする理由は、目的のWEBサイトで改善点を見つけることにあります。

したがって、サイトの改善に取り組むにあたっては、「サイトの目的を理解していること」が前提になっていなければなりません。

当然このページを読んでいる層は企業活動されている方が大半でしょうから、WEBサイトの運用には必ず目的が伴っているはずですので、この記事では、WEBサイトのタイプ、目的などを書き出してみたいと思います。

あなたのサイトはどれに当てはまるのか意識してみよう

コーポレートサイト、あるいはブランディングサイト

目的:自社あるいは自社商品やサービスの認知や高感度を高め、ECを含めるのであればそれをサポートする。

ターゲット:ユニークユーザー数の獲得や主要ページでの熟読率

ECサイト

目的:自社商品やサービスなどを販売することで直接的な売上を獲得する

ターゲット:売上額やCPO(1件あたりの注文にかかるコスト)

リードジェネレーションサイト

目的:お問い合わせや資料請求によって見込み客の獲得

ターゲット:リード数とリード獲得単価

メディアサイト

目的:ニュースや記事を配信する

ターゲット:PV数、ユーザーやセッションあたりのPV数

この記事のまとめ

あなたのサイトのタイプは分類できましたか?目的やターゲットが不明瞭な場合は、今一度車内で統一見解を揉んでサイト改善に取り組む必要があるでしょう。

さらには特定のユーザー層をターゲットとしているのかどうかも考えると、サイトの目的をより明確にできますし、リードジェネレーション(リードジェン)においては、商談などの営業活動を伴うBtoBビジネスで特に重要視されています。

まず初めに明確な目的を定めてWEB解析(Googleアナリティクス≒GA)を始めましょう。

次回は、あなたがWEB担当者だとして、どのようなアクションを起こして提案や実行をしていくのかポイントについてまとめてみたいと思います。