Googleアナリティクスの分析結果をアクションに

起業家のためのGoogleアナリティクス

前回は「あなたのWEBサイトには目的がありますか」と題して、あなたのWEBサイトを分類して目的やターゲットの設定について解説させていただきました。

今回はGoogleアナリティクスを導入するとどのような効果が期待できるのかについて解説していこうと思います。

普段はあなたのWEBサイトを訪問してくれるユーザーを直接見たりすることは叶いませんが、Googleアナリティクスを導入すれば、ユーザーがあなたのサイトに訪問してどのように利用したかについて可視化することが可能になります。

このレポートの見方がわかれば、とても面白い内容ですので是非、興味を持って学んでいただきたいと思いますが、可視化させたレポートを社内で共有、あるいは上司へ報告で終わらせてしまっているWEB担当者も多いのではないでしょうか。

これからの時代、付加価値のある仕事をしていかなければ意味がありませんし、データをきれいに整理してレポートするだけではなくて、サイトの改善を主導し、アクションを起こさせることこそ、WEB担当者の役割であるべきです。

Googleアナリティクスには、標準で用意されたレポートだけで100を超え、その全てがあなたのサイトにとってマッチングしているわけではないので、あなたのサイトにとって必要なデータは何かを見極めることも大きな役割でしょう。 

WEB解析をすることでサイトを改善するプロセスを組み立てるために、Googleアナリティクスでは、サイトにおける目標を達成することを「コンバージョン(CV)」すると表しています。

つまり、あなたのサイトを改善する行為は、コンバージョン(CV)を増加することに他なりません。

このプロセスを迎えるために考えておかなければならないのが「ファネル」という考え方で、ファネルとは日本語に直訳すると漏斗(じょうご)のことです。

あなたのサイトを訪問してきたユーザーが徐々に絞り込まれて、その一部だけがコンバージョンに至ことを指しており、例えば以下のサイトでは図のようなファネルが描けます。 

ユーザーがあなたのサイトをブラウザーで表示させていることを「訪問」または「セッション」としており、この回数をそれぞれ「訪問数」や「セッション数」としています。

ここで訪問したユーザーが何もせずにサイトを去ってしまうことを「直帰」と表現し、逆に直帰しなかったセッションを「有効訪問」といいます。

この記事のまとめ

あなたのサイトを改善するポイントは、それぞれの段階でユーザーが脱落していかないように施策を提案して、社内のコンセンサスを取りながら実行へ移していくことにあります。

特にECサイトやリードジェネレーションサイトでコンバージョンを増やすには、サイトへの訪問数を増やす「量的な改善と」と、ショッピングカートや資料請求フォームなどの入力を最後まで行う「完遂率」を高めていく「質的な改善」の二つの方向性があります。

次回は、あなたのサイトも予算がついていると思いますが、同時に目標も設定されていることでしょう。

そこで定量的な改善の必要性が認知されれば、具体的な施策を引き出すために仮説を立てるフローになっていくため、サイト全体からセグメンを取り出す方法について共有をさせていただきます。