いまさら聞けないっ! アンカーテキストってなぁ〜に?

起業家のためのGoogle Search Console

前回は「SEOの仕組みを理解して成長し続ける検索エンジンに対応できるためにすること」と題して、従来のSEOについて解説をし、仕組みを理解しておくことで成長し続ける検索エンジンに対応できるような情報を共有させていただきました。

今回は、サイトをインデックスに登録してロボットに巡回させるために、アンカーテキストを正しく認識している必要があるため、その働きについて解説させていただきたいと思います。

Googleにサイト登録申請をすることで検索ロボットがインデックスするためにやってきますが、既にインデックスされているリンクからもやって来るのはご存知でしょうか。

検索エンジンだけではなくってユーザーもリンクがなければ違うページに飛ぶことができないので、Webサイト内の内部リンクも的確に設定しておくことが重要となってきます。

これまでのSEO対策の一つに、フッターにWebサイト関連の情報をテキストでリンクを貼るという「フッターリンク」という手法がありましたが、Googleは無意味なフッターリンクを嫌いますので1ページからリンクする初リンクの数が多くなれば、十分な効果を期待できないようになるアルゴリズムを取り入れたため、SEO上のメリットがないものとしました。

そもそもフッターリンクがSEOに悪いということではなく、ユーザーにとって良いナビケーションとは何か?に基づいた設計をしなければならないのです。

テキストリンク(≒アンカーテキスト)もリンクの仕方次第ではペナルティになる可能性だってありますし、うちの関連会社なんかを例にしますと「野菜」なんかは不特定多数のサイトがヒットするワードとなり、このワードのリンク先に「野菜」を販売している特定のサイトがリンクしている場合にはスパムと認識されてしまいます。

要は固有の名称など特定のキーワードではないリンクはスパム扱いされてしまうということなのです。

このように不自然なアンカーテキストに対してペナルティを科す理由は、Google検索の仕組みとして重要であるからに他なりません。

アンカーテキストで被リンクをもらっている場合、その被リンクワードが含まれていないページでも上位になる可能性があり、だからこそアンカーテキストを重要視しているのです。

したがって、フッターリンクをするのであれば、<nofollow>を入れて実装することが一般的ながら、スマートフォンの普及で、細かいリンクは押しづらく、コンテンツが入りキラなケースもあるのでフッターリンクそのものを最適化するようになってきています。

ところで <nofollow> ってなぁ〜に?

ページランクやアンカーテキストを転送しない指定をすることです。

<a href=”https://somethigreat.diaspora.jp/” rel=”nofollow”>リンクの無効化リンク</a>

以下のようなリンクに指定しましょう。

  • コメント欄などに貼られるような、信頼できないコンテンツ
  • 広告などの有料のリンク
  • ログインや申し込みなどのリンク

今回は以上となりますが如何でしたか?ユーザーによって欲しい情報や好みは分かれるところでありますが、Googleにログインした状態で、同じクエリで検索するにしても検索結果は異なったものとなります。

このようなSERPs(サープス)を「パーソナライズ」について次回は解説させていただきたいと思います。