いまさら聞けないっ!パーソナライズってなぁ〜に?

起業家のためのGoogle Search Console

前回は「いまさら聞けないっ! アンカーテキストってなぁ〜に?」と題して、アンカーテキストの役割と正しく認識する方法について解説させていただきました。

ユーザーによって欲しい情報や好みは分かれるところでありますが、Googleにログインした状態で、同じクエリで検索するにしても検索結果は異なったものとなります。

今回は、このようなSERPs(サープス)を「パーソナライズ」について解説させていただきたいと思います。

ユーザーによって検索結果の異なる「パーソナライズ」ってなんだ?

パーソナライズはユーザーのクエリの履歴などを参照して表示させる情報をそれぞれのユーザーに合わせて表示させるのです。

つまり、どの人にも同じサーブスが表示されるのではなく、初めて検索した時やログインしていない時のサープスでは、上位表示を狙うことはもちろん大切なことなのですが、パーソナライズしているサープスの利用数が掴めないため、上位表示を狙う行為そのものが徒労になる効果の少ない行動になってしまうのです。

そこでGoogleでは上位表示させるクエリやクリックなどを参照して流入を広げていく手法が推奨されているため、一般的となっています。

音声入力はどうなの?

最近の動向としては、スマートフォンを使ってWebサイトを閲覧する機会も増えてきたので、サイトによっては半分以上がスマートフォンからの流入だということも珍しくありません。

そのため、Googleではユーザーのニーズに合わせた検索方法にシフトしてきており、、スマートフォンでのタイピング入力は面倒なであるなどの理由で、音声入力に注力しています。

私も含めて、スマートフォンでは検索に関わらず、半分以上の割合で音声入力を利用している気がします。

このようなことからGoogleでは新しいアルゴリズムを取り入れた検索エンジン(ハミングバード)を利用しており、この鳥の生態から精密かつ、高速であるという意味が感じられます。

他にも鳥が囀る意味などもあるでしょうが、音声検索と複合キーワードに対応できる検索エンジンであることは間違いないでしょう。

このようにアルゴリズムの変化によって、同時に検索結果であるサープスも進化してきており、ユーザーは検索に対してダイレクトに答えを求めていく事が多くなっています。

スマートフォンの画面は小さくて、利用するときには急いでいる場合も考えられるので、スピードアンサーを求めます。

そのときに「○○とは?」と検索するとサープスにワンボックス形式で語句の定義を表示させるようになってきました。

いまさら聞けないジオロケーションのおさらい

スマートフォンつながりで解説をさせていただきますが、これはあなたが地球上のどこの位置にいるかを特定させる機能が多くのパソコンやスマートフォンには備わっています。

これらの機能を利用して、同じユーザーが同じキーワードで検索をしても、検索をした場所によってサープスが異なり、ここでも「パーソナライズ」されている事がわかります。

このジオロケーション機能がもたらす可能性は、例えば「野菜」という同じキーワードでも産地によって別々の異なる表示となりますし、これらは既にGoogleによってAdwords広告で地域設定できるようになっていますので、同様の仕組みと考えるのが妥当です。

今回は以上となりますがいかがだったでしょうか。

次回は、よくご質問をいただく、「メタキーワード」の是非について解説させていただきたいと思います。