いまどきのメタキーワードの必要性

起業家のためのGoogle Search Console

前回は「いまさら聞けないっ!パーソナライズってなぁ〜に?」と題して、ユーザーによって欲しい情報や好みは分かれるところでありますが、Googleにログインした状態で、同じクエリで検索するにしても検索結果は異なったものとなる、SERPs(サープス)について解説させていただきました。

今回は、HTMLにはmeta要素にキーワードを設定する場所があり、ここにキーワードを書き込んで、入力したキーワードで上位表示を狙っていました。

Googleの提供していたキーワードアドバイスツールを使ってユーザーの検索する頻度が高いワードを探して狙い撃ちをしていましたが、 <meta keywords> は、現在では入れる意味があまりないと言われています。

前回の記事でも紹介したように、Googleはハミングバードによる複合キーワードでの検索に力を入れていますし、ここでWebページの製作者や運営者が設定した <meta keywords> を入れても、複合検索でのクエリは本文で利用されていることが多いので、キーワードの設定をするという意味がないという理屈です。

また、競合先への対策として、あえてメタキーワードを設定せず隠匿することで、狙っているキーワードを隠匿しているサイトもあります。

ここでキーワード設定に気を払って時間を消費するよりは、敢えて設定しないのも良いと思います。

このサイトは収益目的ではないので、上位表示を狙っていないというのもありますが、筆者は惰性でサジェストツールも使わず、入力しています。

上述のように、Googleでは本文のコンテンツを見る傾向にあり、ユーザーの複合検索に対して、優良なコンテンツを提供するために、本文のコンテンツを検索のワードとして認識していると考えられます。

しかし、どのサイトでも最後まで認識されているとは限らず、検索エンジンが自分のサイトをどこまで読んでいるのか確認する方法もあるので、またの機会に紹介させていただきます。

次回は、ここまで解説してきた「クエリ」、「キーワードトレンド」、「キーワードプランナー」をうまく使っていくための方法を解説させていただきたいと思います。