いまさら聞けないっ!「クエリ」、「キーワードトレンド」、「キーワードプランナー」ってなぁ〜に?

起業家のためのGoogle Search Console

前回は「いまどきのメタキーワードの必要性」と題して、HTMLのmeta要素にキーワードを設定する場所にキーワードを書き込んで、入力したキーワードで上位表示を狙っていましたが、 <meta keywords> は、現在では入れる意味があまりない理由について解説させていただきました。

今回は、ここまで解説してきた「クエリ」、「キーワードトレンド」、「キーワードプランナー」をうまく使っていくための方法を解説させていただきたいと思います。

いまさら聞けないっ「クエリ」ってなぁ〜に?

クエリとは検索条件とかデータベースに対する問い合わせを文字列にしたものを指します。

ユーザーが検索する時に入力する単語やフレーズを指すわけですが、それと並行して自分のサイトがどのワードでインデックスされているかがわかるんです。

このクエリですがGoogleアナリティクスやサーチコンソールの「トラフィック」⇨「クエリ」からデータを参照する事ができるようになっています。

クエリは使われるデバイスやパーソナライズによってもSERPsが違うので、フィルタで利用して深掘りして分析する事ができます。

私のオススメするキーワードの設定方法

これはSEO関連をはじめとした様々なサイトで云われているので深くは言及しませんが、コツを簡単に説明したいと思います。

例えば、私の大好きな「牛カツ」という料理名と、比較的に検索数の多いであろう「豚カツ」というキーワードで調べてみると、当然「豚カツ」の方が検索ボリュームが大きいので「豚カツが大好きなあなた!『牛カツ』で大好きの基準が変わるかも!?」なんてワードを含めた形にすると良いですよ。

類似キーワードで狙うコンテンツ戦略

ブログなどのコンテンツ主体のサイトで有効な戦略として、狙っているキーワード以外の類似ワードがSERPsの一番下に掲載されるので、クエリとして認識されやすい効果があります。

この類似キーワードから、自分のサイトにマッチしたキーワードを軸にコンテンツを作成すると流入を広げやすくなりますが、即効性はないのであくまでコンテンツ戦略の一つとして捉えていただければと思います。

Adwordsキーワードプランナーも使える

Googleの広告サービスである「Adwords」のキーワードプランナーというサービスを使っている人も多いと思います。

これを使えばワードごとの検索ボリュームがわかるので、より戦略的にキーワードを設定できるはずです。

色々と紹介させていただきましたが、要は検索エンジンの基本は「検索語句」であるということです。

この検索語句の設定によってサイトへの流入が変わってくるので、最適なキーワードを選ぶべきなのは普遍的に取り組むべきです。

アルゴリズムやユーザー要求、そして利用シーンの変化など、日々複合ワードでの検索が一般的となってきている反面、複合ワードでのユーザーは絞り込まれた結果流入してくているので、アプローチしやすい層であるといえるのです。

単語だけで上位表示を狙うのは時間もかかるので、複合ワードにおいてコンテンツ戦略を策定してから長期的に取り組むことをオススメします。

そうすることで得られるメリットは、単語検索の場合でも上位に表示されますし、これをさらに短期で上位表示させたいのであれば、リスティングを利用すると効果的です。

このコラム「経営者のための「イマドキのSEOと検索エンジン」の知識」は以上となります。

長らくお付き合いいただき誠にありがとうございました。